賃貸保証会社は貸す側にも借りる側にも優しい

賃貸を借りる際に賃貸保証会社を利用していないといけないケースが多くあります。ではなぜこの賃貸保証会社から発行される家賃保証が注目されているのかを知っておきましょう。

賃貸保証会社を利用する事で得られるメリットランキング

no.1

家賃滞納のリスクが減る

賃貸保証会社を利用する事で貸す側・借りる側双方に大きなメリットを生み出すのがこの家賃滞納のリスクです。連帯保証人を登録していたとしても、家賃滞納の際に確実に支払ってもらえるわけではありません。そうなると貸す側の損失も大きくなります。またたとえ借りる側に支払い意思があってもどうしても間に合わないなどの場合に賃貸保証会社が支払いを行ってくれる事でトラブル回避する事ができます。

no.2

様々な審査業務を委託できる

オーナーが賃貸保証会社を利用する事で得られるメリットで最も注目されるのが賃貸家賃以外での業務にあります。たとえば賃貸保証会社では利用者の審査が行われます。この審査はオーナーも行う必要がありますが、審査会社に委託する必要があるので回答までに時間がかかってしまうし、面倒な作業になります。しかし賃貸保証会社に依頼する事でそういった業務も引き受けてもらう事ができるので負担が軽くなるのです。

no.3

借りる際に連帯保証人が不要

利用者が賃貸保証会社を利用する事で得られる一番のメリットは契約の際に連帯保証人を必要としない事です。最近では連帯保証人と賃貸保証会社両方が必要となっている賃貸もありますが、家賃保証が設定されているので賃貸保証会社のみでも契約が可能な事があります。

そもそも家賃保証とはどんな仕組み?

相談

賃貸保証会社を利用する事でや家賃滞納のリスクが軽減するとありますが、この時に発行される家賃保証とは一体どういった仕組みなのかを知っておく必要があります。この仕組みはとてもシンプルで賃貸保証会社が入居者の連帯保証人を代行する事で、万が一家賃の滞納を行った際に建て替えてくれるというものです。もちろん契約の際に審査が必要となるもので、この審査に通らなくては利用する事が出来ない仕組みとなっては居ますが、連帯保証人を代行してくれる事で家族で連帯保証人がいないという問題を抱えている人でも部屋を借りる事ができるのがメリットにもなります。万が一滞納してしまった場合もきちんとカウンセリングを行い、今後同じような事が無いように話し合ってくれるのも魅力です。

賃貸保証会社が注目され始めた理由

賃貸保証会社は昔からありましたが、最近はテレビのCMなどでも取り上げられる程注目されるようになりました。その大きな理由は核家族が増えた事や高齢化社会化が進んでいるからだと言われています。昔は賃貸の連帯保証人に家族をお願いする事ができましたが、高齢化が進み収入の問題で連帯保証人になってもらう事が出来ない状態が出来上がっています。また、貸す側も連帯保証人がいないだけで部屋を貸す事が出来ないのはマイナスなイメージを作り上げてしまうと考えるようになりました。そのため、両者のサポートをしてくれる賃貸保証会社が注目されるようになったのです。この間がいる事により、貸す側は保証人が居なくても安心できますし借りる側は保証人が居なくても部屋が借りられるウィンウィンな関係を築く事が出来るのです。

サブリースとの違いを知ろう

賃貸保証会社が注目される中、サブリースとはどう違うのかと思う人もいると思います。実はサブリースと賃貸保証会社が提供する賃貸保証は全く異なるものとなります。サブリースは不動産が一定数の部屋を一括で借り受け、そこから賃貸として貸し出していくといおう流れになります。確かに支払いは不動産から行われますので、家賃滞納はありませんが空き家などがあれば不動産のマイナスになる事になります。そのため、オーナーの手元には家賃の70~90%の金額しか入りません。しかし賃貸保証会社の家賃保証は入居者から取り立てる仕組みになりますので100%の金額がオーナーの手元に入る仕組みになっています。この事からサブリースよりも家賃保証を利用するオーナーが増えているのです。

広告募集中