HOME>特集>賃貸保証会社にも審査がある事を知っておく必要がある

目次

賃貸保証会社での審査は家賃を見る

男女

賃貸保証会社を利用して連帯保証人を代行しようと考えてた時に受ける審査ですが、通常のローンなどの審査とは内容が異なります。基本的には家賃の支払いが可能かどうかの経済面を確認する必要があります。審査では申込者の収入と家賃価格を比較しながら行われます。主に収入額の30%以内で家賃が収まるかを確認します。そのため、家賃設定が高くなるときちんと収入があっても家賃滞納のリスクを避けるために審査落ちしてしまう事がありますので注意が必要です。

審査には職業も関係してくる

男女

審査には家賃設定が重要と説明しましたが、たとえその条件をクリアしていても職業によっては審査落ちになってしまう事があります。その理由は全ての職業で適応してしまった場合、家賃滞納のリスクが生じてしまうからです。たとえば個人事業主になると収入が安定しないと考えられています。毎月決まった金額が収益として得られるのであればいいのですが、月によって収益に変動が出てしまう個人事業は滞納のリスクがあるからです。これは水商売を行っている人達にも言えます。次に学生の利用です。こちらは未成年の利用となるため、どうしても親が保証人になります。この時親の「職業」によっては審査落ちしてしまう事になります。

年齢などもしっかりと見られる

手を上げる女性

住居はどうしても生活に必要なものとなりますので、賃貸保証会社でも年齢で審査落ちするというのは多くありません。最低でも70歳までなら年齢での審査落ちはしないと言われています。しかし、あくまでも職についているという前提があります。失業中の場合は年齢に左右されてしまいます。その理由は年を重ねれば重ねるほど再就職が難しくなるからです。そうなると収入がなくなり家賃滞納に繋がってしまう事から、賃貸保証会社の審査で失業中の人は年齢も重要になります。

連帯保証人も必要とする事がある

男女

賃貸保証会社を利用する事で連帯保証人が不要となりますが、実はオーナーによっては賃貸保証会社と連帯保証人両方が必要な事があります。これは家賃滞納のリスクを最小限に抑えたいと考えているからでもあります。また、賃貸保証会社としても連帯保証人がいる事で信用が高まる事から審査が通りやすくなるとされています。

広告募集中